お色気たっぷりの美魔女は、女性ホルモンが多いから?

年齢より若く美しい女性のことを、美魔女と呼んだりしますよね。
「自分もそんな風に見られたらいいのにな」「自分は女性ホルモンが足りないのかな」って思ったりていませんか?
しかし、もしもその美魔女が年齢よりもかなり若く見せようと無理していたら、それは大きな間違い。
今の自分を受け入れられていないということに気が付いていない証拠です。
このような精神状態は逆にストレスとなり、ホルモンのアンバランスを引き起こします。
女性ホルモンである、エストロゲンとプロゲステロンは、スイッチのON・OFFを繰り返して説妙なバランスをとっています。
これは脳の視床下部から出される指令によってコントロールされています。
同じく自律神経もこの視床下部でこのントロールされています。
そのままの自分を受け入れられず、薄着や、ハイヒールなどいつまでも若い装いをして無理をしていると、女性に対的な冷えを助長し自律神経の乱れや女性ホルモンの分泌を妨げます。
自律神経は、皮膚からの体感温度によっても大きく左右されるため、冷えは常に自律神経のスイッチを緊張させた状態にさせます。
すると、身体体温を上げようとして血管を収縮させるため、過度の緊張状態を常に保った状態にします。
そのため、血流が悪くなり血液はドロドロ。
結果、ホルモンの分泌にも悪影響を及ぼします。冷えを防止するためにも、年齢にあった服装を心がけ、身体を温めるように心がけることが大切です。
ありのままの自分を受け入れることで、女性ホルモンの安定化を図っていくことこそ、本当の美しさだと思います。
お色気たっぷりの美魔女は、女性ホルモンが多いから?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>